沖縄ぬちぐすい畑/ぬちぐすいとは沖縄の言葉で命の薬という意味です。
                                               
沖縄の言葉
沖縄離島48めぐり
 ・離島48めぐり計画表
 ・沖縄離島48一覧
 ・沖縄離島情報
沖縄移住
 ・沖縄移住ストーリー
 ・沖縄移住者の本音
 ・沖縄移住情報
若年性関節リウマチ
 ・JRAについて
 ・発病からの経緯
 ・病気に関する情報
ぬちぐすい
 ・ぬちぐすいフォト
 ・ぬちぐすい体験
 ・ぬちぐすい情報
コミュニケーション
 ・ぬちぐすい掲示板
 ・メッセージフォーム
スポンサードリンク
 沖縄には大小160の島々があり、そのうち人が住んでいる離島は48あります。どんな島があるのか調べていくうちにどれも魅力的な島ばかりでどこに行こうか悩んだあげく全ての有人離島へ行く計画を立てて現在、進行中です。沖縄の離島へ行こうと思っている方や沖縄の離島に興味を持たれている方に参考にして頂けるようなぬちぐすいな情報をお伝え出来ればいいなと思っています。
                       沖縄ぬちぐすい畑:海人
沖縄離島48めぐり


浜比嘉島(はまひがじま)

 海中道路の先には浜比嘉島(はまひがじま)、平安座島(へんざじま)宮城島(みやぎじま)伊計島(いけいじま)が橋で結ばれており、日帰りで4島をめぐってきました。本島と陸続きの離島ですが本島とは一味違う島ならではの雰囲気を堪能してきました。
浜比嘉島ルート
アクセス:車  費用:ガソリン代⇒4島合わせて約800円
浜比嘉島探索メモ
 海中道路を抜け右手にある浜比嘉大橋を渡ると浜比嘉島があり突き当りを左折すると左手に
アマミチューの墓がありその先の突き当たりにビーチの案内を発見!
浜比嘉大橋 アマミチューの墓 アマミチューの墓 浜比嘉島のビーチ

 看板の案内に沿って行こうとしたがあまりにも荒い道でこの先にビーチがあるのか不安になり
車から降り歩いて確認しに行くとキレイなビーチがありました。
浜比嘉島のビーチへ行く道 浜比嘉島のビーチ 浜比嘉島のビーチ 浜比嘉島のビーチ

 昔ながらの家並みの細い路地を抜けて行くとキノコ岩が立ち並ぶ海岸がありその奥にある林の
先にはシルミチューがありました。
浜比嘉島の家並み 浜比嘉島のキノコ島 シルミチュー シルミチュー

 今度は島の西側にあるビーチへ移動すると太陽が傾きはじめとてもキレイな光景を見ながら少し
ゆっくりとして近くにあるパーラー海人の看板が目に入ったので思わずシャッターを・・・・・。(笑)
浜比嘉島の海岸 浜比嘉島の海岸 浜比嘉島の海岸 浜比嘉島のパーラー海人

豆知識
 アマミチューの墓は平成6年3月31曰に市の史跡文化財に指定され比嘉の東方海岸にアマンジと呼ばれる岩屋の小島がありあり、そこには洞穴を囲い込んだ墓があります。
地元では琉球開びゃく伝説で有名なアマミチュ−、シルミチューの男女二神及び他の神が祀られていると伝えられています。 毎年、年頭拝みには比嘉のノロ(祝女)が中心となって島の人々多数が参加して遷豊饒・無病息災・子孫繁昌を祈願しています。
豆知識
シルミチューは平成6年3月31曰に市の有形民俗文化財に指定され、比嘉の南南東端の森の中に大きな洞穴があります。琉球開びやくの祖神、アマミチュー、シルミチューの居住したところと伝えられています。洞穴内には鍾乳洞の陰石があり、子宝の授かる霊石として崇拝され、信仰圏の広い貴重な霊場です。
離島48一覧へ >>
  メッセージを頂けるとうれしいです。(^^)
ぬちぐすい掲示板へ      メッセージフォームへ      トップページへ
当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
Copyright(c) 2006-2007 ぬちぐすい畑 ALL Rights Reserved.