沖縄ぬちぐすい畑/ぬちぐすいとは沖縄の言葉で命の薬という意味です。
                                               
沖縄の言葉
沖縄離島48めぐり
 ・離島48めぐり計画表
 ・沖縄離島48一覧
 ・沖縄離島情報
沖縄移住
 ・沖縄移住ストーリー
 ・沖縄移住者の本音
 ・沖縄移住情報
若年性関節リウマチ
 ・JRAについて
 ・発病からの経緯
 ・病気に関する情報
ぬちぐすい
 ・ぬちぐすいフォト
 ・ぬちぐすい体験
 ・ぬちぐすい情報
コミュニケーション
 ・ぬちぐすい掲示板
 ・メッセージフォーム
スポンサードリンク
 「若年性関節リウマチ」という病気は認知度が低くご存知の方はおそらく病院関係の方かもしくは患者のご家族、ご友人などではないでしょうか?
私も例外ではなく、夢(愛娘)が「若年性関節リウマチ」という病気を発症してはじめて知りました。病気の経過を通してあまり認知されていない色々な難病に少しでも興味や関心を持って頂ければ幸いです。
                沖縄ぬちぐすい畑:海人
若年性関節リウマチ

発症からの経緯


発病からこれまでの経緯

 2005年12月7日の夜、夢(愛娘)が突然40℃以上の高熱を発しそれから約3週間、不可解な高熱と同時に横になれないほど首の痛みを訴える日は続き後に若年性関節リウマチと診断されるまでに約1ヶ月を要しました。どんな病気で何が原因なのか全くわからず何もしてあげられずただ見守る事しかできないこの時期が一番辛く不安な時期でした。
夢の病気を通して病気で同じように苦しんで不安な日々を送られているいる患者さん、ご家族、ご友人の方が多くいらっしゃると。愛娘の病気の発症〜これまでの経緯をリアルにお伝えする事で何かの参考になればと願いを込めてブログ「いつまでも海人♪」の中から発症から現在に至るまでの経緯を抜粋してまとめました。
発症〜突然の入院 (2005.12.07〜2005.12.13)
退院〜再入院 (2005.12.14〜2005.12.19)
髄液検査〜主治医の説明 (2005.12.20〜2005.12.27)
ガンマグロブリン製剤(血液製剤)投与開始〜効果 (2005.12.28〜2006.01.03)
プレドニン(ステロイド)服用開始!〜厳しい現実 (2006.01.04〜2006.01.09)
若年性関節リウマチ〜退院 (2006.1.11〜2006.1.19)
退院初日〜勇気の出るとても温かいメッセージ (2006.1.20〜2006.02.16)
「あすなろ会」関西ブロックの集い〜退院後初めての発熱 (2006.2.25〜2006.3.21)
ご飯にお水をかけて〜琉球大学医学部付属病院 (2006.3.22〜2006.04.07)
プレドニンの量が減って数が増えた?〜ブレドニン2ミリ/dayに減量  (2006.7.3〜2006.9.1) NEW!  
発病からこれまでを振り返ってみて 更新!
トップページへ
メッセージを頂けるとうれしいです。(^^)
ぬちぐすい掲示板へ      メッセージフォームへ     
当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
Copyright(c) 2006-2007 ぬちぐすい畑 ALL Rights Reserved.