沖縄ぬちぐすい畑/ぬちぐすいとは沖縄の言葉で命の薬という意味です。
                                               
沖縄の言葉
沖縄離島48めぐり
 ・離島48めぐり計画表
 ・沖縄離島48一覧
 ・沖縄離島情報
沖縄移住
 ・沖縄移住ストーリー
 ・沖縄移住者の本音
 ・沖縄移住情報
若年性関節リウマチ
 ・JRAについて
 ・発病からの経緯
 ・病気に関する情報
ぬちぐすい
 ・ぬちぐすいフォト
 ・ぬちぐすい体験
 ・ぬちぐすい情報
コミュニケーション
 ・ぬちぐすい掲示板
 ・メッセージフォーム
スポンサードリンク

昨年の統計によれば沖縄は「住みたい都道府県」ランキングの上位にランクされ、年間およそ25,000人以上の人が移り住んでいるそうです。最近では沖縄移住に関する本も数多く出版されており、インターネットの普及により沖縄に関する情報がたくさん入り沖縄移住ブームはまだまだ続くと予想されています。その反面移住者の90%近くの人がUターンをしている現実があります。沖縄移住体験をご覧頂き参考にしていただければうれしいです。
                     沖縄ぬちぐすい畑:海人

沖縄移住ストーリー
沖縄移住のきっかけ突然の沖縄移住決定ドタバタの沖縄移住


ドタバタ沖縄移住

沖縄移住を決定してから完全に移住完了するまで約5ヶ月の時間がかかりましたがそれでもドタバタの日々で大変でした。

-退社-
当時、勤務していた社長へ退社の意向を伝えに行きました。
以前から沖縄移住の目標は伝えてあったのですが予定が早くなった経緯を説明すると快く快諾頂き自社サーバー、Web関係全般の管理及び新しく立ち上げた事業を一任して頂いていたので引継ぎ業務を含め退社日は3ヶ月後と決定しました。

-住居探し-
退社までの3ヶ月間は仕事に集中すると決め移住に関しては全く関与せず退社をしてから住居探しと新居の家具、電化製品の準備をする為に沖縄へ1週間行きました。
住居の条件はみっこが卒業した小学校に行かせたい希望があったのでその校区内で海の見える一軒家の平屋でしたがあるはずもありません。。。(苦笑)

不動産屋に聞くとそういった物件はあっても親しい友人に格安で貸すケースがほとんどで賃貸物件として上がってくる事はないそうです。
妥協して今度はアパート、マンションで3LDKの物件を探しましたが希望の地域には全くないので学校までまだ数年あるから最初は実家の近くでならという事で探したのですが選択の余地はないほどわずかな物件しかなくしかも沖縄の3LDKは本島の3DKより小さいと思います。中には新築でも浴槽がない物件もあったのでビックリしました。

沖縄の物件は2LDKが多く家族の多い沖縄には需要が厳しいのではと聞くと2LDKだと新婚さんが多く子供ができれば大きな部屋へ引っ越しをするので入れ替わりの時期が早くなり3LDKより多くの部屋数ができるので大家さん的に一番好んで建築するそうです。

1週間は住居探しをする事になり最後は海がわずかに見える広めの3LDKのマンションの物件がありこちらに決めました。

住居探しが予定より時間がかかってしまったので電化製品と家具はかなり無謀でしたが住居が決まる前から購入していました。(汗)

-引越しの準備と費用-
住居も決まり沖縄から戻ると引越しの準備です。
沖縄移住を目標にした当時から決めていたのが家具や家電は全て処分して少しの着替え
だけでお気軽引越しと思っていたのですがいざその時になるともったいない病が出てとりあえず一度、引越し業者に見積もりを取ろうという事になり見積り依頼をしてみると・・・。

業者Aの場合・・・・家具、電化製品を含めた全ての家財道具の場合で約50万
            家具、電化製品など大きなものは処分して最低限の場合で約30万

業者Bの場合・・・家具、電化製品を含めた全ての家財道具の場合で約60万
           家具、電化製品など大きなものは処分して最低限の場合で約38万

引越し業者は断念して会社の同僚を自宅に招き激安の即売会を開いて引越しのお祝儀代わりでの購入もして頂きほぼ完売となりました。その時の売上げは約6万円!最後に残った衣類や前回売れ残った物はフリーマーケットへ出してなんと約15,000円にもなりとても助かりました。
荷物は色々調べてゆうパックが一番安いとわかり約40個の荷物を送って45,000円位だったのでお勧めだと思います。

-車の輸送-
車ですが本島の車は潮風に当たっていないので沖縄で中古車を買うなら持って来た方がいいよと聞いたのでフェリーで運ぶ事にして車の運輸は10万位が相場のようですがダイハツの新車を沖縄へ運ぶフェリーの空いたスペースを提供してくれる業者を見つけて当時で42,000円と破格な費用で運ぶ事ができました。最近、確認したらは49,000円でしたがそれでも私の調べたところでは一番安いと思います。
しかも運転席を除いたスペースに10個近い荷物を詰め込めたのでそれだけでもかなり助かりましたよ。

-時間差移住-
みっこと夢が先に沖縄へ行き家具や電化製品の受け取りとこちらで片付けながらゆうパックで送った荷物の引き取りをしてもらったので効率的には良かったと思います。ただ、思い出がたくさん詰まった家で順番に荷物がなくなっていき最後の夜は何もなくなった真っ暗な部屋で一人過ごした夜の事は忘れません。

-ドタバタ沖縄移住完了!-
2006年4月27日に退職した会社へ挨拶へ行きタクシー⇒電車⇒飛行機で沖縄に到着!これで移住が全て完了しました!

-最後に・・・・・。-
かなりの長文になり全て読んでいただけるのか不安ですがこのコメントを見て頂いている方は恐らく読んでいただいたという事を前提にお疲れ様でした!(笑)
何もかもがはじめての経験ですごくバタバタしてしまいましたがこの経験をこれから沖縄移住をされる方へ少しでもお役に立てたいと思っています。
沖縄移住を検討されている方は些細な事でも気軽に聞いて頂ければわかる範囲ですがお答えしますので気軽に聞いてくださいね〜♪(^^)
     メッセージを頂けるとうれしいです。(^^)
   ぬちぐすい掲示板へ      メッセージフォームへ     トップページへ
当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
Copyright(c) 2006-2007 ぬちぐすい畑 ALL Rights Reserved.